www.justloveshop.com

-

-

愛車を買い取ってもらう場合、それから車両の査定の際も印鑑証明というものがなければなりません。この印鑑証明というものについて解説しましょう。印鑑証明書とはある印鑑に対して、それが実印で間違いないということを裏付ける目的を持つ書面です。これがない場合には、その印鑑に関して実印として効力を持つことが実証できません。大金が動く売買になる車の売買ですから実印が必要ですがそれと一緒に印鑑証明書が要るのです。この印鑑証明をつくるためにはあらかじめ印鑑証明する必要があります。印鑑証明に登録する印は正式には実印と呼ばれていて、世界で唯一の印鑑であることが条件です。この実印を持って役所の担当部署へ出向けば印鑑登録できます。印鑑登録の手続きが完了すると、印鑑登録カードというものが交付され、印鑑登録手続きをした印は実印として使えるようになったということになります。印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうには、役所の窓口へ行き、専用の用紙に必要項目を埋めて、印鑑登録カードを持参する必要があります。また自動交付機でも発行することができます。印鑑証明そのものには期限切れなどはないのです。なので、どんなに前の印鑑証明でも印鑑証明としての効力はあることになります。ですが車売却のときには必須条件として現在より3ヶ月以内に交付されたものでなければ無効になります。ほとんどのケースで有効期限などはないですが自動車の買取時には、相手側が有効期限を教えてくれるのでもし自動車の買取の予定があるとしたら、あらかじめ持っておくとよいでしょう。

Copyright © 2000 www.justloveshop.com All Rights Reserved.